2017年08月08日

経済的困窮も改善されない状況にあった

 坂道の両脇には大輪の花を咲かせる向日葵が色鮮やかに描かれており、清涼とした青空との色彩的対比は観る者に心地良い夏の印象を与える。本作で最も注目すべき点は穏やかで幸福的な光景とは全く正反対な画家の暗く複雑な状況と本作の光景そのものにある。本作を手がける前々年(1879年)にモネは妻カミーユ・ドンシューを同邸宅で亡くしており、経済的困窮も改善されない状況にあった。

 画家としても成人としても苦しい状況にあったモネが本作のような、まるで輝かしい未来と希望に満ち溢れた情景を、軽快で闊達な筆触によって、こうも見事に描き出せたことは、画家の内面的心情と画家的な性格を考察する上でも非常に興味深い。また画面上部へ向かうほど開放的になる空間構成や光に溢れた色彩表現も特筆に値する出来栄えを示している。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。