2017年05月08日

アルジャントゥイユのレガッタ

印象派最大の巨匠のひとりクロード・モネ印象主義時代の代表作『アルジャントゥイユのレガッタ』。本作はセーヌ川右岸にあるイル=ド=フランス地方の街≪アルジャントゥイユ≫でおこなわれるレガッタ(ボートレース)の準備の情景を描いた作品である。

印象派の画家にとってアルジャントゥイユ(沿いのセーヌ川の)の風景や、レガッタ(ボートレース)という競技は最もポピュラーな画題であり、エドゥアール・マネやルノワール、カミーユ・ピサロ、アルフレッド・シスレーを初めとしたモネ以外の(印象派の)画家たちも様々な角度からアルジャントゥイユの風景や本画題を描いている。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。